三菱鉛筆株式会社(本社:東京都品川区 社長:数原滋彦)は、Universal Studio Licensing LLCとのライセンス契約許諾のもと、いたずら好きでかわいいキャラクター「ミニオン」を軸にデザインした3商品を12月10日(木)に数量限定で同時発売いたします。アイテムは、 “クセになる、なめらかな書き味。”の油性ボールペン『ジェットストリーム』、“スリムなのに、インクたっぷり”の消せる3色ボールペン『ユニボール R:E 3(アールイー スリー)』、“ペン先に窓がある、はみ出し知らずの蛍光ペン”『プロパス・ウインドウ』の3商品です。

『ミニオン コラボ3商品』上段左から『プロパス・ウインドウ ミニオン(全3種)』『プロパス・ウインドウ ミニオン 3Cセット 及び3Cセットケース』 下段左から『ユニボール R:E 3 ミニオン(全2種)』『ジェットストリーム ミニオン(全6種)』

Minions Franchise © Universal City Studios LLC.  All Rights Reserved.

世界的大ヒット映画『怪盗グルー/ミニオンズ』シリーズの最新作であり、2021年夏に公開予定の『ミニオンズ フィーバー』に登場するいたずら好きなミニオンは、世代や性別を問わず大人気のキャラクターです。今回は、主に社会人向けの商品である『ジェットストリーム』、『ユニボール R:E 3』と、学生がメインユーザーである『プロパス・ウインドウ』をラインアップしました。ジェットストリームの単色タイプや、プロパス・ウインドウでは、初めてのミニオン・キャラクターの採用です。

【商品特長】
世代や性別を問わず大人気のキャラクター「ミニオン」と、『ジェットストリーム』の単色タイプ『プロパス・ウインドウ』が初コラボレーション
「ミニオン」は映画制作会社イルミネーション・エンターテインメントの代表作品に登場する大人気キャラクターで、日本では映画『怪盗グルーの月泥棒』にて2010年に初登場。 2021年夏には、最新作『ミニオンズ フィーバー』の公開が予定されています。
今回、 “クセになる、なめらかな書き味。”の油性ボールペン『ジェットストリーム』、“スリムなのに、インクたっぷり”の消せる3色ボールペン『ユニボール R:E 3』、“ペン先に窓がある、はみ出し知らずの蛍光ペン”『プロパス・ウインドウ』の3アイテムで同時コラボしました。

新キャラクターや「ティム」も採用
軸デザインは、型にはまらないミニオンたちのユニークでかわいいデザインです。2017年公開のシリーズ前作『ミニオンズ』からのメインキャラクターである、「ボブ」「ケビン」「スチュアート」に加えて、ボブがいつも持っているくまのぬいぐるみ「ティム」も今回初めて採用しています。

プロパス・ウインドウの3色アソートもラインアップ
『プロパス・ウインドウ』は、アソート商品の人気が高いため、3色アソートをラインアップしています。3色アソートの軸デザインは、アソート専用デザインとしました。パッケージは紙製とし、表面にメインキャラクターの「ボブ」を大きく描いています。

【商品概要】
ジェットストリーム ミニオン
商品名:ジェットストリーム ミニオン
品 名:SXN-209M-05
インク色:黒
ボール径:0.5mm
軸 色:バナナピンク、フレンズ、スチュアート、ボブ&ティム、コットンキャンディ、バブルガム
本体参考価格 : 1本 220円 (税抜 200円)
替 芯 : SXR-5(本体参考価格110円:税抜 100円)

ユニボール R:E 3 ミニオン
商品名:uni-ball R:E 3 ミニオン
品 名:URE3-600M-05
インク色:ブラック、レッド、ブルー
ボール径:0.5mm
軸 色:Bアプリコット、BOイエロー
本体参考価格:1本 660円 (税抜 600円)
替 芯:URR-103-05 (本体参考価格110円:税抜 100円)

プロパス・ウインドウ ミニオン
商品名:プロパス・ウインドウ ミニオン
品 名:PUS-152TM
インク色:イエロー、スカイブルー、ピンク
筆記線幅:4.0mm(太字)/0.6mm(細字)
本体参考価格:1本 165円 (税抜 150円)

プロパス・ウインドウ ミニオン 3C
商品名:プロパス・ウインドウ ミニオン 3C
品 名:PUS-152TM 3CS
インク色:ヤマブキ、アクア、サクラ
筆記線幅:4.0mm(太字)/0.6mm(細字)
本体参考価格:3色セット 495円 (税抜 450円)

【ご参考】
「ジェットストリーム」シリーズについて

「クセになる、なめらかな書き味。」というキャッチフレーズで大変ご好評をいただいている新しいカテゴリーのなめらか油性ボールペンです。筆記荷重、速度にかかわらず低い筆記抵抗でなめらかに書け、くっきり濃い描線を表現でき、速乾性にも優れています。
発売以来、軸機能・ボール径・インク色のさまざまな新機能アイテムを追加し、社会人男女を中心とした多様なお客さまからご好評いただいております。ボール径0.28mmの『ジェットストリーム エッジ』、高価格帯シリーズ『ジェットストリーム プライム』、タッチペン搭載モデル『ジェットストリーム スタイラス』など、幅広い機能のアイテムをラインアップし、シリーズ世界販売本数は年間1億本以上となっています。

『ユニボール R:E 3 』について
『ユニボール R:E 3』は軸径12.7mmのスリムな軸の、インクがたっぷり入った3色ボールペンタイプの消せるボールペンです。1本に複数の機能を求める社会人をメインターゲットに、手帳・書類への書き込みなどに便利な消せるインクを搭載し、複数色の色分けなどができるボールペンです。
一般的に、多色ボールペンは複数色のリフィルを搭載するために内部構造が複雑になり、単色のシングルタイプと比べて軸が太くなりますが、2つの工夫を施した『ユニボール R:E 3』は握りやすくデザイン性に優れたスリムな軸となっています。
①「回転セレクトノック機構」は、軸を回転させて使いたい色を選択し、軸後端をノックして芯を繰り出す機構です。一番よく使う色にセットしておくことで、従来のように使う色のノック棒を探さなくても後端をノックするだけで使用できる便利な機構となっています。それにより、従来の多色ボールペンにあるスライドノックレバーがなくなり、スリムな軸となりました。②金属製のリフィルの採用によって、本体軸がスリムになっています。また、金属製のリフィルは、当社の同サイズの樹脂リフィルと比べ、多色用の細いリフィル径でもインク量が約2倍になりました。
消せるインクとは、60℃以上の熱を加えると無色になる性質がある「熱消去性インク」です。ノック部の専用消し具で描線をこすると、摩擦熱で起こる化学変化によりインクが無色になり、何度も書き直すことができます。

「プロパス・ウインドウ」シリーズについて
蛍光ペンはマーキングする用途に主に使われていますが、ペン先で文字が隠れてしまう為に、必要のない箇所までラインを引いてしまったりすることがありました。そこで2000年に、「プロパス・ウインドウ」が発売され、ペン先に窓がついた蛍光ペンとして話題を呼びました。ペン先についている窓から文字を見ることができ、チェックしたいところだけはみ出さずにラインが引けることから、発売以来、学生を中心とした多くの方にご愛用頂いております。また、2011年には淡いパステル調のソフトカラーをラインナップに追加、2015年には、インク乾燥時間を従来品の1/3以下に短縮し、教科書のようなツヤのある紙でも手や紙を汚さずキレイにマーキングできる『プロパス ウインドウ クイックドライ』を、2019年には、文字書きに適した極細プラペン芯を採用した濃淡の異なる3種(発色の良いベーシックカラー、柔らかく優しい色のライトカラー、穏やかで落ち着いた色のスモークカラー)をそれぞれ5色ずつ全15色発売するなど機能面、色合いの面でもラインアップを広げています。

<2020年 三菱鉛筆のプレスリリース一覧はこちら>
https://www.mpuni.co.jp/news/pressrelease/2020.html

※  製品に関するお問い合わせは「三菱鉛筆お客様相談室」でお受けしています。
フリーダイヤル 0120-321433