皆んな大好きアニメ主題歌をランキングにしてみました。
今回は筆者の独断と偏見の趣味全開で選曲しました。異論は認めます!!!

【心突き刺す】アニメ主題歌ランキング 《ED編》【懐かし神曲】

まずはピックアップした作品の主題歌を発売年代順にご覧ください。

1990年代

微笑みの爆弾 ♪馬渡松子 1992年 『幽☆遊☆白書』
歌詞の通り、曲中に爆弾(爆発音)を使用し、とても印象的な曲。後に数多くのアーティスト・声優にカバーされる。
伝説的アニメ。

君が好きだと叫びたい ♪BAAD 1993年  『SLUM DUNK』
この曲のイントロが始まると夏休みを強く思い出す。(夏休みに再放送がやっていた)
『左手は添えるだけ』後世に語り継がれる名セリフ

 

ゆずれない願い   ♪田村直美 1994年 『魔法騎士レイアース』
累計109.2万枚の売り上げを記録する。1995年のNHK紅白歌合戦にも出場した。

 

笑顔に会いたい   ♪濱田理恵 1994年 『ママレードボーイ』
今聞くと平成前期感を色濃く感じることが出来るメロディ。今回リストアップした楽曲内で一番ノスタルジーを感じる。

 

素敵な君 ♪RAZZ MA TAZZ 1995年 『あずきちゃん』
男の子目線の歌詞で、人と比べて気にし過ぎてしまう女の子に対して、君はこんなに素敵なんだよという恋する女の子の応援ソング。

Get along ♪林原めぐみ・奥井雅美 1995年 『スレイヤーズ』
当時OPイントロ部分の呪文を詠唱出来た人が多かったのではないでしょうか?

残酷な天使のテーゼ ♪高橋洋子 1995年 『新世紀エヴァンゲリオン』
説明することもないくらい超有名曲。発売後20年以上経つが、いまだにカラオケランキングは上位をキープし、リアルタイムでアニメを視聴していなかった人でも歌える。

 

檄!帝国華撃団   ♪横山智佐&帝国歌劇団 1996年 『サクラ大戦』
同作品内の帝国歌劇団が歌っているという主題歌。この作品前後から声優が表舞台に立つ事が増えてきた印象。

そばかす ♪JUDY AND MARY 1996年 『るろうに剣心』
120万枚を売り上げミリオンセラーを達成したシングル曲。

輪舞-revolution-  ♪奥井雅美 1997年 『少女革命ウテナ』
幾原邦彦監督の同作品は、アニメであり舞台であり文学作品のような、一つの芸術作品という印象を受ける。当時の知識では難解過ぎたのですが、それでも夢中で見てました。
「自由」「革命」を表現し、奥井雅美さんの力強い歌声に非常に合っていました。

 

Butterfly ♪和田浩司 1999年 デジモンアドベンチャーズ
和田氏のメジャーデビュー曲となる。発売から20年以上経つが未だに人気が衰えません。

 

2000年代

Get Over ♪Dream 2001年 『ヒカルの碁』
後にLDHグループになるDreamの楽曲。この頃のアニメ主題歌はエイベックスグループがどんどん発表していた印象が強い。また、同作品の影響で小学生の囲碁人口が爆発的に増えました。

Over Soul ♪林原めぐみ 2001年 『シャーマンキング』
来年のアニメ化も待ち遠しいシャーマンキングの2001年度版のOP。歌詞は同作品がモチーフになっており、オリコン週刊ランキング7位になる。また、2003年10月度、ゴールデンディスクに認定された。

 

ヘミソフィア ♪坂本真綾 2002年 『ラーゼフォン』
菅野よう子プロデュース期の坂本真綾の主題歌。カラオケで歌うには非常に難易度が高い。

Inner Universe      ♪Origa 2002年 『攻殻機動隊 S.A.C』
ヘミソフィアに続いて菅野よう子氏の楽曲。Origaはその後「攻殻機動隊 S.A.C 2nd GIG」「攻殻機動隊 S.A.C SSS」の主題歌も担当する。

カサブタ ♪千綿ヒデノリ 2003年 『金色のガッシュベル』
いまだにカラオケ人気の高い曲。「大人になるとは?」を考えさせてくれる歌詞。
ソニーミュージックエンタテイメントのアニソン人気投票キャンペーンにおいてユーザー投票賞に選出された。

 

アンインストール ♪石川智晶 2007年 『ぼくらの』
同作品に書下ろしされた楽曲。石川節全開で歌詞の内容は同作品を色濃く反映させている。

 

ライターが選ぶ最強主題歌ランキング

第4位 FOR REAL / STILL TIME

♪徳山秀典 2000年 『幻想魔伝 最遊記』
元L⇔Rのボーカル黒沢健一氏による制作された徳山秀典氏の4th、5thシングル。徳山氏のハスキーな声質が癖になります。
作品内容、主演声優と相まって楽曲で沼に引きずり込まれた女子は多いのでは。筆者の中ではThe青春ソングです。


第3位 ピアニィ・ピンク

♪ALI PROJECT 1997年 『CLAMP学園探偵団』
現在の『黒アリ』と呼ばれるようになる前の楽曲。ファンシーでとても可愛らしく、曲調が現在と全く異なるので、歌手名を見ても疑ってしまう。
CLAMP作品にハマった原因。


第2位 Rockless Fire

♪井出泰彰 2001年 『スクライド』
残念ながらアニメの内容をぼんやりとしか覚えていませんが、イントロを聞くだけで無条件で耳に「スッ」と入ってくる一曲。スクライドは「All I need love」「Magma」「Discovery」と挿入歌も非常に印象深く、名曲揃い。

そして気になる第1位は!!!

 

 

第1位 Dive in the Sky

♪酒井ミキオ 2003年 『プラネテス』
堂々の1位!これしかない!!
宇宙への憧れ、夢とは、己とは、強さとは、愛とは。この曲は壮大でありながら普遍的であり、凝縮した内容に曲を聴くだけで泣けます。
フィーから「You Copy?」と聞かれるとハチマキやタナベと一緒に「I Copy!」と言っていました。

 

 

90年代~2000年代はアニメが常に放映されており、声優が歌手活動や表舞台に出始め、またそれに合わせてアニメが盛り上がるという連鎖を繰り返していた印象があります。

なので放映されていた作品数が多い分神曲も多く、当時見ていた作品の内容を覚えていなくとも、主題歌は覚えているという作品が数多くあります。

昨今はYouTubeや動画配信サービスが普及しているので、気になる作品や懐かしい作品を見返してみませんか?

 

【心突き刺す】アニメ主題歌ランキング 《ED編》【懐かし神曲】